ポイント施設からひと足のばして ふくしまをもっと楽しもう!

ウルトラマンARスタンプラリー
ポイント施設

25

県南

白河市

南湖公園(翠楽苑) なんここうえん すいらくえん

公園内には手漕ぎボートもあり湖畔からの眺めも最高。家族で楽しんでみては
日本文化の伝承を体現する回遊式庭園「翠楽苑」
名君で茶人、作庭家でもあった白河藩主 松平定信「楽翁公の像」

白河藩主松平定信が身分の差を超えて誰もが憩える「士民共楽」の理念のもと築造した、日本最古といわれる公園。園内には定信を祭神としている南湖神社、本格的な日本庭園「翠楽苑」、定信の理念の反映された茶室「共楽亭」があります。春の桜や初夏の新緑、秋の紅葉、冬の雪景色など四季折々の景観が楽しめます。湖畔のお店で販売されている「南湖だんご」は各店で味を競い合っていてお土産にもオススメです。

周辺の観光&グルメ

観光

大堀相馬焼 いかりや窯

東日本大震災後、白河市に移転して作品づくりを続ける大堀相馬焼「いかりや窯」は江戸時代から続く窯元。手作りならではの温かみのある作品が人気です。現在は白河の土を使った「白河焼」(白楽焼)の再現に取り組んでいます。

福島県文化財センター白河館「まほろん」

福島県内の遺跡から見つかった数多くの土器や石器などを収蔵・展示している「まほろん」。昔の暮らしの様子や古代の住居を原寸大で復元展示しているほか、どなたでも勾玉づくりなどの体験学習ができる施設です。

グルメ

南湖だんご

南湖だんごは白河藩主松平定信が南湖公園築造の際、職人に振舞ったとされています。南湖の湖畔には複数の南湖だんごのお店があり、あんこ、ゴマ、みたらしなど様々な味が楽しめます。南湖公園にお越しの際のお土産にぴったりです。

白河そば

200年以上前、時の藩主松平定信が冷害に強いそばの栽培を奨励したことが白河のそば文化のルーツといわれています。信州、出雲、盛岡とともに日本四大そば処のひとつに数えられ、打ち方、つなぎ、つゆに各店独自の技を活かした味は好評を博しています。